スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三拍子の祝福
イザヤ41:10

恐れるな。わたしはあなたとともにいる。
たじろぐな。わたしがあなたの神だから。
わたしはあなたを強め、あなたを助け、
わたしの義の右の手で、あなたを守る。


今、生きるということが、大変厳しい時代となってきています。様々の不安と恐れの波が押し寄せてきます。この時代の荒波を受けて恐れおののく私たちに、全能の神は、「あなたを強め、助け、守る」という三拍子の祝福をお与えくださっています。
どのような強めでしょうか。内側を新しくする強めです。
どのような助けでしょうか。身近な助け、すぐの助けです。我々を助けるために、慰め主なる聖霊が、すぐそばにおられます。呼べば、すぐ答えてくださいます。
どのような守りでしょうか。ご自分の瞳のように我々を守ってくださるという完璧な絶対の守りです。

詩篇121:3~4

主はあなたの足をよろけさせず、
あなたを守る方は、まどろむこともない。
見よ。イスラエルを守る方は、
まどろむこともなく、眠ることもない。

スポンサーサイト
あなたはとっても大切な人
イザヤ43:4

わたしの目には、あなたは高価で尊い。
わたしはあなたを愛している。

少し昔、スマップが歌った、「世界に一つだけの花」という歌の歌詞に、「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」というところがあります。あなたの造り主なる神も、あなたのことを"very important person"と思ってくれています。「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」といわれているとおりです。
神は言われています。「あなたは、ありのままでいい。あなたの存在そのものがわたしの喜びなのだよ」と。この思いを信じて、胸に抱いて、胸を張って歩んでまいりましょう。
心に刻んでほしいこと
イザヤ46:3~4

わたしに聞け、
ヤコブの家と、イスラエルの家の
すべての残りの者よ。
胎内にいる時からになわれており、
生まれる前から運ばれた者よ。
あなたがたが年をとっても、
わたしは同じようにする。
あなたがたがしらがになっても、
わたしは背負う。
わたしはそうしてきたのだ。
なお、わたしは運ぼう。
わたしは背負って、救い出そう。


神のあなたへの面倒見のよさは、あなたが生まれる前から、墓場のかなたまでも、ずっとです。私たちの人生の下には、神の手の支えが常にあります。そこで今日は、神の手を心に刻んでほしいと思います。
第一に、育みの手です。聖書に書いてあるとおりです。
第二に、釘あとのある手です。あなたの犯した罪を赦し、永遠の滅びという牢獄から救い出すために、十字架にかかってお苦しみを受けられた釘あとのある手です。
第三は、全能の手です。年をとって力がなくなり、よぼよぼになっても、大丈夫、心配は要りません。なぜなら、神があなたを背負うと約束してくださっているからです。神にうんと甘えたらいいのです。
三つの「ない」
イザヤ49:15~16
「女が自分の乳飲み子を忘れようか。
自分の胎の子をあわれまないだろうか。
たとい、女たちが忘れても、
このわたしはあなたを忘れない。
見よ。わたしは手のひらに
あなたを刻んだ。
あなたの城壁は、いつもわたしの前にある。

 一つ目の「ない」は、神様は私たちを絶対忘れないということです。一番絆の深い親子関係でも、忘れているということはあります。しかし、神は決してあなたを忘れないと約束されています。
 二つ目の「ない」は、あなたのことを決して見捨てない、見放さないということです。

ヘブル13:5
・・・主ご自身がこう言われるのです。「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない。」

人は、迷惑をかけられると思うと離れてゆきます。しかし、神だけは、私たちがどんなに失敗しても、役に立たなくなったとしても見捨てられません。
 三つ目の「ない」は、あなたへの変わらぬ愛は、決してあなたから移ることはない、ということです。

イザヤ54:10
たとい山々が移り、丘が動いても、
わたしの変わらぬ愛はあなたから移らず、
わたしの平和の契約は動かない」と
あなたをあわれむ主は仰せられる。

人は、人を変わらぬ愛で愛することは無理です。しかし、神だけは、あなたが心変わりしても、あなたへの愛は変わりません。
あなたは私のもの
イザヤ43:1
だが、今、ヤコブよ。
あなたを造り出した方、主はこう仰せられる。
イスラエルよ。
あなたを形造った方、主はこう仰せられる。
「恐れるな。わたしがあなたを贖ったのだ。
私はあなたの名を呼んだ。
あなたはわたしのもの。

 あなたは私のものと言う言葉の中に、病める時もなお愛してくれる夫婦の愛情に似た真実な意味があると思う。
 二つ目は、すべての責任を神様が持って下さるという意味もある。
 三つ目は、神様の宝であるという意味もある。
 そして、最後に神様がわたしたちのものだともおっしゃっておられる素晴らしいみことばです。

《ちょっと一言》   

 クモは、一心にクモの巣を張りめぐらして、獲物を捕らえる。私も、一心になって神経を張りめぐらして神のみ言葉を、人の言葉を聞きたいと思う。
 そうしたら、もう少しましな心になれるのではないだろうか。 
Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。