スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたもやり直せる!
マルコ10:46~52

彼らはエリコに来た。イエスが、弟子たちや多くの群集といっしょにエリコを出られると、テマイの子のバルテマイという盲人の物ごいが、道ばたにすわっていた。ところが、ナザレのイエスだと聞くと、「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください」と叫び始めた。そこで、彼を黙らせようと、大ぜいでたしなめたが、彼はますます、「ダビデの子よ。私をあわれんでください」と叫び立てた。すると、イエスは立ち止まって、「あの人を呼んで来なさい」と言われた。そこで、彼らはその盲人を呼び、「心配しないでよい。さあ、立ちなさい。あなたをお呼びになっている」と言った。すると、盲人は上着を脱ぎ捨て、すぐ立ち上がって、イエスのところに来た。そこでイエスは、さらにこう言われた。「わたしに何をしてほしいのか。」すると、盲人は言った。「先生。目が見えるようになることです。」するとイエスは、彼に言われた。「さあ、行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのです。」すると、すぐさま彼は見えるようになり、イエスの行かれる所について行った。

ここに記されている、テマイの子、バルテマイ。はっきりと名前が記されています。つまり、この人の信仰の体験談が記されていると受け止めてもいいと思います。「かつて私は人生を悲観していたけれど、救い主イエスと出会って、今、喜びにあふれて生きられるようになりました。だから、どんな人でも、キリストによって、新しく希望に輝いて生きられるのです。」と言っています。その、希望へのステップの

(1)キリストの名を聞いて、その方に向かって叫んだということです。

ところが、ナザレのイエスだと聞くと、「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください」と叫び始めた。そこで、彼を黙らせようと、大ぜいでたしなめたが、彼はますます、「ダビデの子よ。私をあわれんでください」と叫び立てた。

(2)上着を脱ぎ捨てて、キリストにより頼んだということです。

すると、盲人は上着を脱ぎ捨て、すぐ立ち上がって、イエスのところに来た。

これは、「二度と元の生活には戻らない、一生、キリストについてゆくのだ」という決意です。

(3)目が見えるようになることです。明確に信じています。
スポンサーサイト
電信柱に花が咲く
マルコ11:12~14

翌日、彼らがベタニヤを出たとき、イエスは空腹を覚えられた。葉の茂ったいちじくの木が遠くに見えたので、それに何かありはしないかと見に行かれたが、そこに来ると、葉のほかは何もないのに気づかれた。いちじくのなる季節ではなかったからである。イエスは、その木に向かって言われた。「今後、いつまでも、だれもおまえの実を食べることのないように。」弟子たちはこれを聞いていた。

マルコ11:20~23

朝早く、通りがかりに見ると、いちじくの木が根まで枯れていた。ペテロは思い出して、イエスに言った。「先生。ご覧なさい。あなたののろわれたいちじくの木が枯れました。」イエスは答えて言われた。「神を信じなさい。まことに、あなたがたに告げます。だれでも、この山に向かって、『動いて、海に入れ』と言って、心の中で疑わず、ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになります。

人は、自分を変えられるでしょうか?あるいは、変わってほしいと思うその人を変えることができるでしょうか?それは、無理です。けれど、私たちを造られたお方は、私たちを変えることがおできになります。そこに、希望があります。主は、イチジクの木を枯らすことによって、そのことを教えようとされました。根っこまで枯らすことのおできになる方は、根っこまで枯れている人を生き返らせることがおできになります。死んで4日もたっているラザロを生き返らせることができたイエスは、あなたを、あなたの願っているその人を良きに変えることができます。ただ、主は私たちに「信じるか!?」と問われているのです。神を信じることが神の恵みの世界を体験できる鍵です。
イエスの着物に触った女
マルコ5:25~34

ところで,十二年の間長血をわずらっている女がいた.この女は多くの医者からひどいめに会わされて、自分の持ち物をみな使い果たしてしまったが、何のかいもなく、かえって悪くなる一方であった。彼女は、イエスのことを耳にして、群衆の中に紛れ込み、うしろから、イエスの着物にさわった。「お着物にさわることでもできれば、きっと直る」と考えていたからである。すると、すぐに、血の源がかれて、ひどい痛みが直ったことを、からだに感じた。イエスも、すぐに、自分のうちから力が外に出て行ったことに気づいて、群衆の中を振り向いて、「だれがわたしの着物にさわったのですか」と言われた。そこで弟子たちはイエスに言った。「群衆があなたに押し迫っているのをご覧になっていて、それでも『だれがわたしにさわったのか』とおっしゃるのですか。」イエスは、それをした人を知ろうとして、見回しておられた。女は恐れおののき、自分の身に起こった事を知り、イエスの前に出てひれ伏し、イエスに真実を余すところなく打ち明けた。そこで、イエスは彼女にこう言われた。「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。安心して帰りなさい。病気にかからず、すこやかでいなさい。」

私たちの人生には、所々に自分の人生を変えてゆく転機というものがあります。この、12年の間長血を病む娘さんも、イエス・キリストによって救われ、喜びにあふれた生涯に変えられました。その転機となったのが、悩み苦しみを抱きながら、キリストに救いを求めたことです。
二つ目は、重荷を持つ者が、信仰を持ってキリストに触れたことです。
三つ目は、イエス・キリストへの信仰を告白することが大切です。
イエスに触れると、たちどころに、長年自分を苦しめていた病が治ったことを実感しました。イエス様によって救われたのなら、その事実を明らかにすることが大切です。この方こそ、確かに「活ける神の子キリストです」と。主イエスがこの人の生涯を祝福して導いてくださいます。
明日がある
マルコ4:35~41

さて、その日のこと、夕方になって、イエスは弟子たちに、「さあ、向こう岸へ渡ろう」と言われた。そこで弟子たちは、群衆をあとに残し、舟に乗っておられるままで、イエスをお連れした。他の舟もイエスについて行った。すると、激しい突風が起こり、舟は波をかぶって、水でいっぱいになった。ところがイエスだけは、とものほうで、枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして言った。「先生。私たちがおぼれて死にそうでも、何とも思われないのですか。」イエスは起き上がって、風をしかりつけ、湖に「黙れ、静まれ」と言われた。すると風はやみ、大なぎになった。イエスは彼らに言われた。「どうしてそんなにこわがるのです。信仰がないのは、どうしたことです。」彼らは大きな恐怖に包まれて、互いに言った。「風や湖までが言うことをきくとは、いったいこの方はどういう方なのだろう。」

どんな人にも明日があるという希望のメッセージです。イエス様は、お弟子たちに「さあ、向こう岸に渡ろう」と言われました。向こう岸とは、最終的には、天の都のことを指しています。しかし、我々は、一日一日を歩んでいかねばなりません。その一日は、向かい風であったり、大暴風雨であったりして難儀するわけです。案の定、大嵐になって、船が沈没してしまうのではないかと弟子たちは恐れました。同じ状況の中でも、イエスは眠っておられたと記しています。恐れている弟子たちになく、イエス様にあるもの、それは、父なる神を信頼する心です。
どのような困難の中にも、全てを支配されているお方が、向こう岸に行こうと言われるのですから大丈夫、必ず守られます。
ヘロデの失敗
マルコ6:14~29
イエスの名が知れ渡ったので、ヘロデ王の耳にも入った。人々は、「バプテスマのヨハネが死人の中からよみがえったのだ。だから、あんな力が、彼のうちに働いているのだ」と言っていた。別の人々は、「彼はエリヤだ」と言い、さらに別の人々は、「昔の預言者の中のひとりのような預言者だ」と言っていた。しかし、ヘロデはうわさを聞いて、「私が首をはねたあのヨハネが生き返ったのだ」と言っていた。実は、このヘロデが、自分の兄弟ピリポの妻ヘロデヤのことで、-ヘロデはこの女を妻としていた-人をやってヨハネを捕らえ、牢につないだのであった。これは、ヨハネがヘロデに、「あなたが兄弟の妻を自分のものとしていることは不法です」と言い張ったからである。ところが、ヘロデヤはヨハネを恨み、彼を殺したいと思いながら、果たせないでいた。それはヘロデが、ヨハネを正しい聖なる人と知って、彼を恐れ、保護を加えていたからである。また、ヘロデはヨハネの教えを聞くとき、非常に当惑しながらも、喜んで耳を傾けていた。ところが、良い機会が訪れた。ヘロデがその誕生日に、重臣や、千人隊長や、ガリラヤのおもだった人などを招いて、祝宴を設けたとき、ヘロデヤの娘が入って来て、踊りを踊ったので、ヘロデも列席の人々も喜んだ。そこで王は、この少女に、「何でもほしい物を言いなさい。与えよう」と言った。また、「おまえの望む物なら、私の国の半分でも、与えよう」と言って、誓った。そこで少女は出て行って、「何を願いましょうか」とその母親に言った。すると母親は、「バプテスマのヨハネの首」と言った。そこで少女はすぐに、大急ぎで王の前に行き、こう言って頼んだ。「今すぐに、バプテスマのヨハネの首を盆に載せていただきとうございます」王は非常に心を痛めたが、自分の誓いもあり、列席の人々の手前もあって、少女の願いを退けることを好まなかった。そこで王は、すぐに護衛兵をやって、ヨハネの首を持って来るように命令した。護衛兵は行って、牢の中でヨハネの首をはね、その首を盆に載せて持って来て、少女に渡した。少女は、それを母親に渡した。ヨハネの弟子たちは、このことを聞いたので、やって来て、遺体を引き取り、墓に納めたのであった。

私たちの人生の中で、常にAをとるかBをとるか決断をしなくてはならないことがある。その時、正しい決断をするために心がけることは、どちらがより大切なことか、良心的か、永遠的なことかを判断すれば良いと思う。
ヘロデは、神の与えてくださった悔い改めのチャンスを自らの意思で拒んでしまった。このヘロデの失敗を我々の教訓としたい。

(ちょっと一言)

私は昔から野球が好きで、朝から晩まで熱中していた。テレビを見たいとも思わず、時間があれば、バットの素振り、また、ランニングと、野球のために熱心に、全時間を使った。今でも野球のことになると顔つきが変わるほど好きなのです。しかし、これほどの熱心が、イエス様に対してあるかと思うと、心もとないのです。イエス様のことを思うと神職を忘れてやるかというと、そうではないので、済まない気持ちでいっぱいです。
Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。