スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたの生きてゆく力は、どこから?
使徒3:1~10

ペテロとヨハネは午後三時の祈りの時間に宮に上って行った。すると、生まれつき足のなえた人が運ばれて来た。この男は、宮に入る人たちから施しを求めるために、毎日「美しの門」という名の宮の門に置いてもらっていた。彼は、ペテロとヨハネが宮に入ろうとするのを見て、施しを求めた。ペテロは、ヨハネとともに、その男を見つめて、「私たちを見なさい」と言った。男は何かもらえると思って、ふたりに目を注いだ。すると、ペテロは、「金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう。ナザレのイエス・キリストの名によって、歩きなさい」と言って、彼の右の手を取って立たせた。するとたちまち、彼の足とくるぶしが強くなり、おどり上がってまっすぐに立ち、歩きだした。そして歩いたり、はねたりしながら、神を賛美しつつ、ふたりといっしょに宮に入って行った。人々はみな、彼が歩きながら、神を賛美しているのを見た。そして、これが、施しを求めるために宮の「美しの門」にすわっていた男だとわかると、この人の身に起こったことに驚き、あきれた。

毎朝、毎朝、起きる時、あなたの生きる力は、どこからきますか?この男の人は、生まれつき障害を持って、人生をスタートしなければなりませんでした。この障害のゆえに、心傷つき、生きる意味を見失って、うつむき加減に生きていました。しかし、イエス・キリストの名によって、劇的な変化を受けました。

(1)イエスを主と信じますと、生活に張りが生まれます。くるぶしが強くなり、躍り上がり、神を賛美しています。

(2)生活の力は、金銀から来るのではなく、ナザレのイエス・キリストの名を信じる信仰から来ます。
スポンサーサイト
私にあるもの
使徒3:1~8

ペテロとヨハネは午後三時の祈りの時間に宮に上って行った。すると,生まれつき足のなえた人が運ばれて来た。この男は、宮に入る人たちから施しを求めるために、毎日「美しの門」という名の宮の門に置いてもらっていた。彼は、ペテロとヨハネが宮に入ろうとするのを見て、施しを求めた。ペテロは、ヨハネとともに、その男を見つめて、「私たちを見なさい」と言った。男は何かもらえると思って、ふたりに目を注いだ。すると、ペテロは、「金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう。ナザレのイエス・キリストの名によって、歩きなさい」と言って、彼の右の手を取って立たせた。するとたちまち、彼の足とくるぶしが強くなり、おどり上がってまっすぐに立ち、歩きだした。そして歩いたり、はねたりしながら、神を賛美しつつ、ふたりといっしょに宮に入って行った。

この世の人は、万事金の世の中だと思っているが、キリスト者はこの考え方に騙されてはいけない。なぜなら、金の力で、人を真に生かすことはできないからだ。人を真に生かすことができるのは、人を創造された神の力でしかないと思う。ペテロはそのことを知っていたから、「金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう」と言ったのだと思う。

〈ちょっと一言)

ある人が、意見と反抗とは違うということを教えてくださった。
お互いの考えていることを話し合うことは意見だが、先に何も言わないでおいて、注意されてから後で言うのは反抗である、と。
だから、先に意見を出し合ってベストの道を考えてゆくことに話し合いの意義がある。
聖霊を受けよ
使徒1:3~11

イエスは苦しみを受けた後、四十日の間、彼らに現れて、神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示された。彼らといっしょにいるとき、イエスは彼らにこう命じられた。「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」
そこで、彼らは、いっしょに集まったとき、イエスにこう尋ねた。「主よ。今こそ、イスラエルのために国を再興してくださるのですか。」イエスは言われた。「いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっています。しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」こう言ってから、イエスは彼らが見ている間に上げられ、雲に包まれて、見えなくなられた。イエスが上って行かれるとき、弟子たちは天を見つめていた。すると、見よ、白い衣を着た人がふたり、彼らのそばに立っていた。そして,こう言った。「ガリラヤの人たち。なぜ天を見上げて立っているのですか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たときと同じ有様で、またおいでになります。」


私たちの内に、争いがあり、ねたみがあり、本当の喜びも神の力も経験できないのは、聖霊による歩みをしていないからだと思います。
聖霊に導かれるためには、心が砕かれる必要があります。己の罪に悲しむとき、神は愛と赦しと力に満たしてくださり、あのステパノのように神に用いられる器となれるのです。

(ちょっと一言)
私は大変理由付けの多い人間でありました。人から「不愉快や」と言われたとき、私の心は、私なりに一生懸命やっているのに、どうして、そんなふうにしか見てくれないのかと、不愉快に思っていました。けれど、それが自己主張、理由付けであったことがわかり、本当に自分は自己主張の強い傲慢な人間であったことかと、今は素直に諦めています。
アンテナ
使徒9:10~19
 さて、ダマスコにアナニヤという弟子がいた。主が彼に幻の中で、「アナニヤよ」と言われたので、「主よ。ここにおります」と答えた。すると主はこう言われた。「立って、『まっすぐ』という街路に行き、サウロというタルソ人をユダの家に尋ねなさい。そこで、彼は祈っています。彼は、アナニヤという者が入って来て、自分の上に手を置くと、目が再び見えるようになるのを、幻で見たのです。」しかし、アナニヤはこう答えた。「主よ。私は多くの人々から、この人がエルサレムで、あなたの聖徒たちにどんなにひどいことをしたかを聞きました。彼はここでも、あなたの御名を呼ぶ者たちを捕縛する権限を、祭司長たちから授けられているのです。」しかし、主はこう言われた。「行きなさい。あの人はわたしの名を、異邦人、王たち、イスラエルの子孫の前に運ぶ、わたしの選びの器です。彼がわたしの名のために、どんなに苦しまなければならないかを、わたしは彼に示すつもりです。」そこでアナニヤは出かけて行って、その家に入り、サウロの上に手を置いてこう言った。「兄弟サウロ。あなたが来る途中、あなたに現れた主イエスが、私を遣わされました。あなたが再び見えるようになり、聖霊に満たされるためです。」するとただちに、サウロの目からうろこのような物が落ちて、目が見えるようになった。彼は立ち上がって、バプテスマを受け、食事をして元気づいた。
 サウロは数日の間、ダマスコの弟子たちとともにいた。

 神は、色々な出来事の中で、聖書の中から、あるいは、人を通して御旨を語ってくださっていると思うのです。けれど、ある人にはそれがわかって、ある人には、わからないことがあるのは、どういうことでしょうか。
 神の声が聞こえないのは、他のことで、心が一杯だからです。注意深く、神の方向に心を傾けて、アンテナを張り巡らせていると、神の御旨が伝わってくるのではないでしょうか。

〈ちょっと一言〉
 私事で恐縮だが、昔、父が丹精して作ったであろうイモを少しばかり送ってきてくれた。オーブンで温めて戴いたが、温かい舌触りとともに、一番の親不孝な己に、悲しみがこみ上げてきた。いつまでたっても、心配ばかりかける。最大の恩返しは、この福音にともにあずかることだと思っているのだが・・・

使徒16:31
 主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。
みぞを掘れ
使徒2:1~4
 五旬節の日になって、みなが一つ所に集まっていた。すると突然、天から、激しい風が吹いてくるような響きが起こり、彼らのいた家全体に響き渡った。また、炎のような分かれた舌が現れて、ひとりひとりの上にとどまった。すると、みなが聖霊に満たされ、御霊が話させてくださるとおりに、他国のことばで話しだした。

 約2000年前、キリストの弟子たちは、祈っていたとき、約束の聖霊に満たされた。
 祈っているときに、神のみわざがすすめられてゆく。みぞを掘るということは、神の言葉にへりくだるということであり、そして、祈る生活であると思っている。祈り深い人に、聖霊は臨んで力を与えるのです。

《ちょっと一言》

 榎本先生が、結婚する前に奥さんに出した手紙の中で、「私をいつも十字架に追いやる妻であってほしい」と書いているそうである。
 何とまあすごい先生だと感心するとともに、己が恥ずかしくなった。私は一生かかっても、こういうキリストの愛の戦士の言葉は言えそうもない気がする。
 知らず知らずのうちに、自分ではなく、他者を十字架に追いやっている我の強い不肖の牧師である。
Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。