スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トリプル的祝福
エレミヤ29:11

わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。――主の御告げ――それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来希望を与えるためのものだ。


 神は、我々を祝福されています。3つの祝福を、ここで与えています。

(1)希望を与えてくれています。失望しやすいこの世の中にあって、人には、神の与えてくださる希望が必要です。それは、この世の旅路の終わりに、あなたの住む場所、天国が用意されているというのです。

(2)将来を与えてくれています。老いも若きも、今のあなたに期待して、神は将来を与えています。それは、人生にチャレンジする力です。 イスラエルの解放者モーセは、80歳の時、神からスカウトされました。

(3)平安を与えてくれています。イライラすることの多い状況の中で、どこにそんな平安があるのでしょうか。それは、いつでも、神が、あなたの味方であるという平安です。
スポンサーサイト
投げたらあかん
エレミヤ18:1~6

主からエレミヤにあったみことばは、こうである。「立って、陶器師の家に下れ。そこで、あなたに、わたしのことばを聞かせよう。」私が陶器師の家に下って行くと、ちょうど、彼はろくろで仕事をしているところだった。陶器師は、粘土で製作中のを自分の手でこわし、再びそれを陶器師自身の気に入ったほかのに作り替えた。それから、私に次のような主のことばがあった。「イスラエルの家よ。この陶器師のように、私があなたがたにすることができないだろうか。―主の御告げ―見よ。粘土が陶器師の手の中にあるように、イスラエルの家よ、あなたがたも、わたしの手の中にある。



神が陶器師で我々は、その手の中にある粘土である。と言う教えは、イザヤ書に2回、ローマ書に1回記されています。口語訳聖書では、造られていた作品が仕損じたので、他の器につくり直したと書かれています。
 私たちは、神の作品として造られましたが、時と共に、汚れてくる、欠けたり、もれたりしてきます。そんな器になれば、人は、捨ててしまいます。しかし、神は、そうではありません。再び、造り直して下さるというのです。ご自分の自慢の器に。たとえば、ヤコブ(押しのける者)をイスラエル(神の皇太子)に造り直して下さったようにです。ここに、我らの望みがあるのではないでしょうか。失敗しなかった人は一人もいません。罪を犯さなかった人は一人もいません。けれど、主は、再び造り直して完成してくださる。
Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。