スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
種を蒔けば、その刈り取りもする
ガラテヤ6:8
自分の肉のために蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、御霊のために蒔く者は、御霊から永遠のいのちを刈り取るのです。

 わたしたちが、他の人との関係が悪くなる時、その根本的な原因は、ほとんど、自惚れとひがみからきていると思う。
 優越感から人を裁き、劣等感から人を妬む。これは、生まれつきの我々の肉の性質である。しかし、聖霊の人は、キリストの十字架の死というレンズを通して人を、自分を見るので、裁けず、ひがむこともなくなる。
 7節は、物・質的、霊的なことの祝福を得る原則である。思いを蒔けば、行為を刈り取り、行為を蒔けば、習慣を刈り取り、習慣を蒔けば、性格を刈り取り、性格を蒔けば運命を刈り取る。その人の何時も思っている思いがその人の人生を定めてゆく。

ガラテヤ6:7
思い違いをしてはいけません。神は侮られるような方ではありません。人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。

《ちょっと一言》

第一テサロニケ5:6
他の人のように眠っていないで、目を覚まして慎んでいよう。 

 わたしたちは、弱い者なので、独りで信仰生活をしていると、何時の間にか、霊的に眠り込んでしまい、正しい道から外れ、危険な道を気が付かないで歩いている。
 ですから、目を覚まして正しい道を歩む為に、信仰の道連れを求めて、神の道について語り合うことが、信仰の火を消さない秘訣であると思う。
スポンサーサイト
Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。