スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニューライフのスタート
ルカ5:17~26
17ある日のこと、イエスが教えておられると、パリサイ人と律法の教師たちも、そこにすわっていた。彼らは、ガリラヤとユダヤとのすべての村々や、エルサレムから来ていた。イエスは、主の御力をもって、病気を直しておられた。18するとそこに、男たちが、中風をわずらっている人を、床のままで運んで来た。そして、何とかして家の中に運び込み、イエスの前に置こうとしていた。19しかし、大ぜい人がいて、どうにも病人を選び込む方法が見つからないので、屋上に上って屋根の瓦をはがし、そこから彼の寝床を、ちょうど人々の真ん中のイエスの前に、つり降ろした。20彼らの信仰を見て、イエスは「友よ。あなたの罪は赦されました」と言われた。21ところが、律法学者、パリサイ人たちは、理屈を言い始めた。「神をけがすことを言うこの人は、いったい何者だ。神のほかに、だれが罪を赦すことができよう。」22その理屈を見抜いておられたイエスは、彼らに言われた。「なぜ、心の中でそんな理屈を言っているのか。 23『あなたの罪は赦された』と言うのと、『起きて歩け』と言うのと、どちらがやさしいか。24人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたに悟らせるために」と言って、中風の人に、「あなたに命じる。起きなさい。寝床をたたんで、家に帰りなさい」と言われた。25すると彼は、たちどころに人々の前で立ち上がり、寝ていた床をたたんで、神をあがめながら自分の家に帰った。26人々はみな、ひどく驚き、神をあがめ、恐れに満たされて、「私たちは、きょう、驚くべきことを見た」と言った。

この中風の人の癒やしの記事の中心は、20節です。「子よ。しっかりしなさい。あなたの罪はゆるされました」です。福音というのは、まさにこれです。福音は、求める人には、必ず与えてくださいます。イエスの救いを求めてきた人は、病気の人自身とこの人を運んできた4人の人のことです。
この人々は、熱心に求めました。様々の障害を乗り越える熱心さがありました。次に、イエス様が「彼らの信仰を見て」と言われていますから、主に対する信仰がありました。信仰をもって主に近づいていきました。
主はそんな彼らの思いに応えてもろもろの罪を赦しきよめ、永遠の命を与えられたのです。体の癒やしはおまけ的な恵みです。救われた彼は、言われたとおり、すぐ立ち上がり、神を賛美しながら、キリスト信者として生きました。
スポンサーサイト
とぎすまされた良心
エペソ4:1~16
さて、囚人である私はあなたがたに勧めます。召されたあなたがたは、その召しにふさわしく歩みなさい。謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容を示し、愛をもって互いに忍び合い、平和のきずなで結ばれて御霊の一致を熱心に保ちなさい。からだは1つ、御霊は1つです。あなたがたが召されたとき、召しのもたらした望みが1つであったのと同じです。主は1つ、信仰は1つ、バプテスマは1つです。すべてのものの上にあり、すべてのものを貫き、すべてのもののうちにおられる、すべてのものの父なる神は1つです。しかし、私たちはひとりひとり、キリストの賜物の量りに従って恵みを与えられました。そこでこう言われています。
「高い所に上られたとき、
彼は多くの捕虜を引き連れ、
人々に賜物を分け与えられた。」
--この「上られた」ということばは、彼がまず地の低い所に下られた、ということでなくて何でしょう。この下られた方自身が、すべてのものを満たすために、もろもろの天よりも高く上られた方なのです--こうして、キリストご自身が、ある人を使徒、ある人を預言者、ある人を伝道者、ある人を牧師また教師として、お立てになったのです。それは、聖徒たちを整えて奉仕の働きをさせ、キリストのからだを建て上げるためであり、ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するためです。それは、私たちがもはや、子どもではなくて、人の悪巧みや、人を欺く悪賢い策略により、教えの風に吹き回されたり、波にもてあそばれたりすることがなく、むしろ、愛をもって真理を語り、あらゆる点において成長し、かしらなるキリストに達することができるためなのです。キリストによって、からだ全体は、1つ1つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。

私たちの人生の歩みを振り返ってみると、今まで自分の目には正しいと思えていたことが、神の目から見ると、自分の心が冷ややかだったことに気がつくことがあると思う。良心も気をつけていないと、だんだん鈍くなって、罪を感じることが少なくなってくる。
日常生活の中で、何が大切かと言えば、きよい良心が大切だと思う。御言葉によって良心を、いつもとぎすましていたいものですね。

(ちょっと一言)

「やれ打つな、ハエが手をする足をする」という俳句があるが、汚いハエでも、そんな表情をされるとあわれに思えて、怒りが和らぐ。
私も打たれても仕方のないハエのような存在だけれど、神に「なぜ打つのか」と居直らないで、心から済まないという気持ちを失わないで過ごしたいと思う。済まないと思う心には、素晴らしい自由がある。素直な喜びがあふれてくるからです。
学問のススメ
マタイ11:28~30
すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」

弟子というのは学ぶ者という意味があります。主イエスは、彼らに「わたしから学びなさい」と言われました。人生の学校の学問のススメの第一は、忍耐を学びなさい、ということです。主イエスご自身が、ヘブル12:2~3で茨の道、十字架の道をひたすら忍耐されました。

ヘブル12:2~3
信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。あなたがたは、罪人たちのこのような反抗を忍ばれた方のことを考えなさい。それは、あなたがたの心が元気を失い、疲れ果ててしまわないためです。

そのお方が、最後まで耐え忍ぶなら救われます、と言われています。
二つ目は、謙遜です。これも主がモデルです。

ピリピ2:6~8
6キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、7ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。人としての性質をもって現われ、8自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われました。

7節のへりくだりの姿があります。謙遜を普段着として着ていたいものです。
三つ目は、従順です。厳しいススメです。なぜなら、人はみな我が強いからです。強情さがあります。しかし、神への従順さこそ、平安に生きられる秘訣です。「我」をしつけて、従順を学んで過ごしたいと思います。
お互い天に召される日まで、この三つの心を学び、身に付けましょう。
ヘロデの失敗
マルコ6:14~29
イエスの名が知れ渡ったので、ヘロデ王の耳にも入った。人々は、「バプテスマのヨハネが死人の中からよみがえったのだ。だから、あんな力が、彼のうちに働いているのだ」と言っていた。別の人々は、「彼はエリヤだ」と言い、さらに別の人々は、「昔の預言者の中のひとりのような預言者だ」と言っていた。しかし、ヘロデはうわさを聞いて、「私が首をはねたあのヨハネが生き返ったのだ」と言っていた。実は、このヘロデが、自分の兄弟ピリポの妻ヘロデヤのことで、-ヘロデはこの女を妻としていた-人をやってヨハネを捕らえ、牢につないだのであった。これは、ヨハネがヘロデに、「あなたが兄弟の妻を自分のものとしていることは不法です」と言い張ったからである。ところが、ヘロデヤはヨハネを恨み、彼を殺したいと思いながら、果たせないでいた。それはヘロデが、ヨハネを正しい聖なる人と知って、彼を恐れ、保護を加えていたからである。また、ヘロデはヨハネの教えを聞くとき、非常に当惑しながらも、喜んで耳を傾けていた。ところが、良い機会が訪れた。ヘロデがその誕生日に、重臣や、千人隊長や、ガリラヤのおもだった人などを招いて、祝宴を設けたとき、ヘロデヤの娘が入って来て、踊りを踊ったので、ヘロデも列席の人々も喜んだ。そこで王は、この少女に、「何でもほしい物を言いなさい。与えよう」と言った。また、「おまえの望む物なら、私の国の半分でも、与えよう」と言って、誓った。そこで少女は出て行って、「何を願いましょうか」とその母親に言った。すると母親は、「バプテスマのヨハネの首」と言った。そこで少女はすぐに、大急ぎで王の前に行き、こう言って頼んだ。「今すぐに、バプテスマのヨハネの首を盆に載せていただきとうございます」王は非常に心を痛めたが、自分の誓いもあり、列席の人々の手前もあって、少女の願いを退けることを好まなかった。そこで王は、すぐに護衛兵をやって、ヨハネの首を持って来るように命令した。護衛兵は行って、牢の中でヨハネの首をはね、その首を盆に載せて持って来て、少女に渡した。少女は、それを母親に渡した。ヨハネの弟子たちは、このことを聞いたので、やって来て、遺体を引き取り、墓に納めたのであった。

私たちの人生の中で、常にAをとるかBをとるか決断をしなくてはならないことがある。その時、正しい決断をするために心がけることは、どちらがより大切なことか、良心的か、永遠的なことかを判断すれば良いと思う。
ヘロデは、神の与えてくださった悔い改めのチャンスを自らの意思で拒んでしまった。このヘロデの失敗を我々の教訓としたい。

(ちょっと一言)

私は昔から野球が好きで、朝から晩まで熱中していた。テレビを見たいとも思わず、時間があれば、バットの素振り、また、ランニングと、野球のために熱心に、全時間を使った。今でも野球のことになると顔つきが変わるほど好きなのです。しかし、これほどの熱心が、イエス様に対してあるかと思うと、心もとないのです。イエス様のことを思うと神職を忘れてやるかというと、そうではないので、済まない気持ちでいっぱいです。
あなたは神に愛されています
ヨハネ3:16
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

クリスチャン作家でありました三浦綾子先生は、人からサインを求められたとき、「神は愛なり」と書かれたそうです。聖書66巻を貫いていますものは、「神は愛なり」、「神はあなたを愛されています」ということです。
では、その証拠は。神のひとり子なるお方が、私たちを救うために、この世界に、見える形として来てくださったことです。(ヨハネ3:16前半)

マタイ1:23
「見よ。処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)

神、ともにいます。これがクリスマスです。愛する者と、いつも共にいたいという思いです。二つ目の証拠は、あなたの罪の身代わりとなって、十字架にかかられたという事実です。あなたの犯した罪の罰を、罪の一つもない神の御子が代わりに受けてくださった姿が、十字架の愛のしるしです。
この神の愛をしっかりと受け止めて生きる人は、本当に幸いな人です。
あなたは治る
ルカ5:12~14
12 さて、イエスがある町におられたとき、全身ツァラアトの人がいた。イエスを見ると、ひれ伏してお願いした。「主よ。お心一つで、私をきよくしていただけます。」13 イエスは手を伸ばして、彼にさわり、「わたしの心だ。きよくなれ」と言われた。すると、すぐに、そのツァラアトが消えた。14 イエスは、彼にこう命じられた。「だれにも話してはいけない。ただ祭司のところに行って、自分を見せなさい。そして人々へのあかしのため、モーセが命じたように、あなたのきよめの供え物をしなさい。」

病気のために、社会的に疎外され、失望、落胆している人に対して、「わたしの心だ。きよくなれ!”」とその病人を救われた物語を通して、イエス様はどのように病んでいる人をもいやす事がおできになるということを学びたいと思います。
深い憐れみを表されることで、病気をいやされたということが一つ。「憐れむ」は断腸の思いをもたれるということです。(イザヤ書53章参照)
二つ目のことは、この人は、へりくだって主イエスに嘆願しました。12節で、顔を地に伏せて、ありのままの醜い自分の姿のままで出ています。
三つ目のことは、主はこの人が自立することを願っています。この人は、いやされましたから、社会生活ができます。主に助けていただいた者として、今度は、人を助けるために生きるように願われています。
人生の優先順位
創世記26:25
イサクはそこに祭壇を築き、主の御名によって祈った。彼はそこに天幕を張り、イサクのしもべらは、そこに井戸を掘った。

私の趣味の一つにジグゾウパズルがあります。主に聖画をしました。一番多いパズルは3000ピース。こんなに多いパズルを完成するためには順番があります。まず、枠組みから作り、次に、分けておいた色違いのものを聖画を見ながら根気よく合わせていくわけです。そうでないと困難を極めます。
同じように、人生という、神が我らに与えられた「わたし」を完成させるために、優先順位があります。イサクは、まず祭壇を築きました。主を礼拝するためのものです。次に、天幕を張りました。これは、家族が生活する場所です。そして、井戸を掘りました。これは仕事を意味します。祭壇、天幕、井戸。この順番を日々守ってゆくならば、あなたは、必ず、全能の神の豊かな祝福の中を歩めることでしょう。
2008年がスタートしました。いつも主にある希望をしっかりと胸に抱きながら、互いに力を合わせて進んでゆきましょう!!
自己評価
ルカ7:36~50
さて、あるパリサイ人が、いっしょに食事をしたい、とイエスを招いたので、そのパリサイ人の家に入って食卓に着かれた。すると、その町にひとりの罪深い女がいて、イエスがパリサイ人の家で食卓に着いておられることを知り、香油の入った石膏のつぼを持って来て、泣きながら、イエスのうしろで御足のそばに立ち、涙で御足をぬらし始め、髪の毛でぬぐい、御足に口づけして、香油を塗った。イエスを招いたパリサイ人は、これを見て、「この方がもし預言者なら、自分にさわっている女がだれで、どんな女であるか知っておられるはずだ。この女は罪深い者なのだから」と心ひそかに思っていた。するとイエスは、彼に向かって、「シモン。あなたに言いたいことがあります」と言われた。シモンは、「先生。お話しください」と言った。「ある金貸しから、ふたりの者が金を借りていた。ひとりは五百デナリ、ほかのひとりは五十デナリ借りていた。彼らは返すことができなかったので、金貸しはふたりとも赦してやった。では、ふたりのうちどちらがよけいに金貸しを愛するようになるでしょうか。」シモンが、「よけいに赦してもらったほうだと思います」と答えると、イエスは、「あなたの判断は当たっています」と言われた。そしてその女のほうを向いて、シモンに言われた。「この女を見ましたか。わたしがこの家に入って来たとき、あなたは足を洗う水をくれなかったが、この女は、涙でわたしの足をぬらし、髪の毛でぬぐってくれました。あなたは、口づけしてくれなかったが、この女は、わたしが入って来たときから足に口づけしてやめませんでした。あなたは、わたしの頭に油を塗ってくれなかったが、この女は、わたしの足に香油を塗ってくれました。だから、わたしは『この女の多くの罪は赦されている』と言います。それは彼女がよけい愛したからです。しかし少ししか赦されない者は、少ししか愛しません。」そして女に、「あなたの罪は赦されています」と言われた。すると、いっしょに食卓にいた人たちは、心の中でこう言い始めた。「罪を赦したりするこの人は、いったいだれだろう。」しかし、イエスは女に言われた。「あなたの信仰が、あなたを救ったのです。安心して行きなさい。」

罪意識が強い人ほど、赦された感謝の気持ちが強い。その赦された心のほとばしりが日常生活の端々に現れてくると思う。
ですから、自分が最大の罪人と感じる人ほど、聖い歩みができるのですね。
この不道徳な女の人は、正しく自己評価しましたので、あふるる愛の行動ができたのですね。一方パリサイ人のほうは、間違った自己評価をしたので、つまらん人のように思えます。

(ちょっと一言)

夫婦の会話
夫 「どうしたら、自己中心が直るんやろね?」
妻 「自己中心やなあ、と思ったら、自分とたたかわにゃあいかんわ。そして、その自我の方をやめて、思いやりの方を選ぶことやと思うよ。」
夫 「そやなあ!」
神が望んでおられる事
第1テサロニケ5:16~18
16いつも喜んでいなさい。17絶えず祈りなさい。18すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。

 我々を造られた神は、私たちにどういうふうに生きることを望んでおられるのでしょうか。

(1)いつも喜んで生きることを望まれています。(16節)神に愛されていることを日々忘れないで生きるとき、喜びに満ちて生きることができるのではないでしょうか。

(2)絶えず祈ることを望んでおられます。(17節)コンスタントに祈るということです。自分の弱さ、罪深さを知ると祈りに向かいます。

(3)すべてのことに感謝にすることを神は我々に望んでおられます。(18節)我々に神はたくさんの恵みを溢れるばかりに注いでくださっています。失ったものを数えないで、恵みを数えながら生活しましょう。そして、忘れてはならないのが、「主にあって」という生活の要のお方の助けです。霊に燃え、主に仕えてまいりましょう。
Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。