スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主は生きておられる
I列王17:1~16

ギルアデのティシュべの出のティシュべ人エリヤはアハブに言った。「私の仕えているイスラエルの神、主は生きておられる。私のことばによらなければ、ここ二、三年の間は露も雨も降らないであろう。」それから、彼に次のような主のことばがあった。「ここを去って東へ向かい、ヨルダン川の東にあるケリテ川のほとりに身を隠せ。そして、その川の水を飲まなければならない。わたしは烏に、そこであなたを養うように命じた。」それで、彼は行って、主のことばのとおりにした。すなわち、彼はヨルダン川の東にあるケリテ川のほとりに行って住んだ。幾羽かの烏が、朝になると彼のところにパンと肉とを運んで来、また、夕方になるとパンと肉とを運んで来た。彼はその川から水を飲んだ。しかし、しばらくすると、その川がかれた。その地方に雨が降らなかったからである。
すると、彼に次のような主のことばがあった。「さあ、シドンのツァレファテに行き、そこに住め。見よ。わたしは、そこのひとりのやもめに命じて、あなたを養うようにしている。」彼はツァレファテへ出て行った。その町の門に着くと、ちょうどそこに、たきぎを拾い集めているひとりのやもめがいた。そこで、彼は彼女に声をかけて言った。「水差しにほんの少し水を持って来て、私に飲ませてください。」彼女が取りに行こうとすると、彼は彼女を呼んで言った。「一口のパンも持ってきてください。」彼女は答えた。「あなたの神、主は生きておられます。私は焼いたパンを持っておりません。ただ、かめの中に一握りの粉と、つぼにほんの少しの油があるだけです。ご覧のとおり、二、三本のたきぎを集め、帰って行って、私と私の息子のためにそれを調理し、それを食べて、死のうとしているのです。」エリヤは彼女に言った。「恐れてはなりません。行って、あなたが言ったようにしなさい。しかし、まず、私のためにそれで小さなパン菓子を作り、私のところに持って来なさい。それから後に、あなたとあなたの子どものために作りなさい。」イスラエルの神、主が、こう仰せられるからです。『主が地の上に雨を降らせる日までは、そのかめの粉は尽きず、そのつぼの油はなくならない。』」彼女は行って、エリヤのことばのとおりにした。彼女と彼、および彼女の家族も、長い間それを食べた。エリヤを通して言われた主のことばのとおり、かめの粉は尽きず、つぼの油はなくならなかった。


私たちの信仰が日常生活の中であまりパッとしないのは、個人的な主との生ける体験がないからではないだろうか?また、何か問題が起こって、つまずいたりするのは、主は生きておられるという実感を味わったことがないから、信仰を失うと思う。日々の生活の中で信仰の訓練をしよう。神の約束のことばを握って。

〈ちょっと一言〉

人から注意されたとき、いじけるタイプと、心から反省して、よくなるように、ひたむきに努力するタイプとがある。私は自分の気持ちに正直になっていじける方であるが、こういう人間には進歩がなく、人から愛想をつかされる。いじける者は、大損をする。
スポンサーサイト
すすんで灯りをともしましょう
マタイ5:14~16

あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れることができません。また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。


暗い暗いと不平を言うよりも、すすんで灯りをともしましょう。どんな灯りをともせばいいのでしょうか。

(1)平和を作り出してゆくという灯りです。

マタイ5:9

平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。

イライラがつのる世の中ですから、平和を作り出してゆく人が必要なのです。

(2)人に与えてゆくという灯りです。

使徒20:34~35

あなたがた自身が知っているとおり、この両手は、私の必要のためにも、私とともにいる人たちのためにも、働いて来ました。このように労苦して弱い者を助けなければならないこと、また、主イエスご自身が、『受けるよりも与えるほうが幸いである』と言われたみことばを思い出すべきことを、私は、万事につけ、あなたがたに示して来たのです。」

なぜ、与えるほうが幸いなのでしょうか。それは、天に宝を積むことになるからです。天の父なる神から、豊かな報いがあるから幸いなのです。与えるものは、物やお金だけではありません。親切な言葉、重い荷物を持ってあげる手、わからないことを教えてあげる知識、困っている人のために祈る祈りの膝。あなたのことを受け入れているよというほほえみ。
これだけは守りたい!
箴言4:23

力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。
いのちの泉はこれからわく。

皆さんの人生の中で、これは守りたい、これは守ってやらねばと思っていらっしゃることがおありでしょう。では、聖書は、どういうものを守りなさいと教えているでしょうか。

(1)あなたの心を守れといわれています。私たちの心を守ってくれるのは、聖書のことばです。守られた心は、人を幸せにしてゆきます。

(2)命の冠を守れといわれています。

黙示録3:11

わたしは、すぐに来る。あなたの冠をだれにも奪われないように、あなたの持っているものをしっかりと守っていなさい。


この命の冠は、どうすれば守れるのでしょうか。死に至るまで、主に忠実に歩むことです。

(3)神から与えられた賜物・才能を守りなさいといわれています。

マタイ25:14

天の御国は、しもべたちを呼んで、自分の財産を預け、旅に出て行く人のようです。

この才能は、活用することによって守られることになります。裁縫の得意なドルカスは、周りの人の服を作ってあげたりすることにより、主と人に喜ばれる人生を送ったようです。
ピリピ3:13~14

兄弟たちよ。私は、自分はすでに捕らえたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。

聖書は、人生についてどう教えているだろうか。

(1)マラソン競技にたとえている。パウロ先生も、神の栄冠を得るためにひたすら走っていると言っている。

(2)花にたとえている。

マタイ6:28~30

なぜ着物のことで心配するのですか。野のゆりがどうして育つのか、よくわきまえなさい。働きもせず、紡ぎもしません。しかし、わたしはあなたがたに言います。栄華を窮めたソロモンでさえ、このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか。信仰の薄い人たち。


花はみな、置かれた所で、自分に与えられた花の色を、上を向いて、精一杯咲かせています。

(3)家にたとえている。
マタイ7:24~25

だから、わたしのこれらのことばを聞いてそれを行う者はみな、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができます。雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけたが、それでも倒れませんでした。岩の上に建てられていたからです。

イエス様は、家を指差しながら、土台が大事であると話された。その土台は、弟子のペテロが言った、「あなたこそ、活ける神の子キリスト(救い主)です」。この方こそ、我々の人生を支えてくださる、堅固な土台です。
人が真に求めるべきもの
ルカ12:13~21

群衆の中のひとりが、「先生。私と遺産を分けるように私の兄弟に話してください」と言った。すると彼に言われた。「いったいだれが、わたしをあなたがたの裁判官や調停者に任命したのですか。」そして人々に言われた。「どんな貪欲にも注意して、よく警戒しなさい。なぜなら、いくら豊かな人でも、その人のいのちは財産にあるのではないからです。」それから人々にたとえを話された。「ある金持ちの畑が豊作であった。そこで彼は、心の中でこう言いながら考えた。『どうしよう。作物をたくわえておく場所がない。』そして言った。『こうしよう。あの倉を取りこわして、もっと大きいのを建て、穀物や財産はみなそこにしまっておこう。そして、自分のたましいにこう言おう。「たましいよ。これから先何年分もいっぱい物がためられた。さあ、安心して、食べて、飲んで、楽しめ。」』しかし神は彼に言われた。『愚か者。おまえのたましいは、今夜おまえから取り去られる。そうしたら、おまえが用意した物は、いったいだれのものになるのか。』自分のためにたくわえても、神の前に富まない者はこのとおりです。」


お金持ちになりたがる我々に、主イエス様は、「人の命は財産にあるのではない。」と言われ、人が真に求めてゆくべきものは何か、を教えられました。それは、「神の前に富む者となれ!」ということです。では、神の前に富むとは、いったいどういうことを言っているのでしょう。

(1)天の神を信じ、この方により頼む信仰生活を続けてゆく者です。外側の豊かさではなく、内側の豊かさを追い求めてゆきなさい。

ルカ12:23

いのちは食べ物よりたいせつであり、からだは着物よりたいせつだからです。

(2)主なる神に対して、畏敬の思いを持って生きようとしている人のことです。

ルカ12:4~8

そこで、わたしの友であるあなたがたに言います。からだを殺しても、あとはそれ以上何もできない人間たちを恐れてはいけません。恐れなければならない方を、あなたがたに教えてあげましょう。殺したあとで、ゲヘナに投げ込む権威をもっておられる方を恐れなさい。そうです。あなたがたに言います。この方を恐れなさい。五羽の雀は、二アサリオンで売っているでしょう。そんな雀の一羽でも、神の御前には忘れられてはいません。それどころか、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。恐れることはありません。あなたがたは、たくさんの雀よりもすぐれた者です。そこで、あなたがたに言います。だれでも、わたしを人の前で認める者は、人の子もまた、その人を神の御使いたちの前で認めます。

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。