スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十字架に付けられたイエス
ガラテヤ3:1
ああ愚かなガラテヤ人。十字架につけられたイエス・キリストが、あなたがたの目の前に、あんなにはっきり示されたのに、だれがあなたがたを迷わせたのですか。

 このところを読むと、律法とは、どういうものか、福音とは、どういうものか、が語られている。
 律法により、良心が目覚め、自分が神の前に立てない律法違反者であると知る。福音は、イエスを救い主と信じる者は、誰でも神に受け入れられる、と告げる。
 信仰により、9節、14節、22算、24節、26節などの祝福を受ける。

3:9
そういうわけで、信仰による人々が、信仰の人アブラハムとともに、祝福を受けるのです。

3:14
このことは、アブラハムへの祝福が、キリスト・イエスによって異邦人に及ぶためであり、その結果、私たちが信仰によって約束の御霊を受けるためなのです。

3:22
しかし聖書は、逆に、すべての人を罪の下に閉じ込めました。それは約束が、イエス・キリストに対する信仰によって、信じる人々に与えられるためです。

3:24
こうして、律法は私たちをキリストへ導くための私たちの養育係となりました。私たちが信仰によって義と認められるためなのです。

3:26
あなたがたはみな、キリスト・イエスに対する信仰によって、神の子どもです。

《ちょっと一言》

 まったく思いがけない下痢に悩まされて、二日、休ませていただいた。日頃、健康の有難さを思っていたつもりであったが、それをなくして、改めて、食欲のあること、起きて動けることの有難さを強く感じた。そして、皆様の温かい心のこもった手料理を頂いたが、肉親のようなお心違いが身に染みたことです。
 ついつい恵みに慣れて、ないものに目を止め、つぷやき、不平不満で心を暗くし、いじけやすい者ですが、祈りの手、愛の手の支えに目を止めて、日々感謝する、今日の糧としたいと思ったことです。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。