スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新生人
使徒の働き3:1~10
 ペテロとヨハネは午後3時の祈りの時間に宮に上って行った。すると、生まれつき足のきかない男が運ばれて来た。この男は、宮に入る人たちから施しを求めるために、毎日、「美しの門」という名の宮の門に置いてもらっていた。彼は、ペテロとヨハネが宮に入ろうとするのを見て、施しを求めた。ペテロは、ヨハネとともに、その男を見つめて、「私たちを見なさい」と言った。男は何かもらえると思って、ふたりに目を注いだ。するとペテロは、「金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう。ナザレのイエス・キリストの名によって、歩きなさい」と言って、彼の右手を取って立たせた。するとたちまち、彼の足とくるぷしが強くなり、踊り上がってまっすぐに立ち、歩き出した。そして歩いたり、はねたりしながら、神を賛美しつつ、ふたりと一緒に宮に入って行った。人々はみな、彼が歩きながら、神を賛美しているのを見た。そして、これが、施しを求めるために宮の「美しの門」に座っていた男だとわかると、この人の身に起こったことに驚き、あきれた。

 不幸の代名詞といえるような男の人が、世にも幸せの代表の一人になった物語がここに記されています。この男の人は、エルサレムの美しの門という所で物乞いをしていた、生まれつき足のきかない障害者でした。この人がある方の名の力により、全く新しい命を吹き込まれたかのように、生まれて初めて、自分の足で立ち、踊ったり、はねたり、神を賛美しつつ、神を礼拝するために神殿に入って行ったというのです。この人が絶望から、希望の道に進むことになった、ターニングポイントは、ナザレのイエス・キリストの名の力です。私たちの人生がどれほど空しく、さぴしいものでも、十字架に死んで、3日日に死よりよみがえられたキリストが、あなたを全く新しい人生に変えてくれます。あなたもキリストの名によって、「新生人」に!
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

履歴をみて書き込みさせていただいております。
イエス様に会う前、私は人生をあきらめていました。
だけど今は私自身がイエス様の物です。
毎日が悔い改める日でありますが、私はイエス様の手の中にあると思うと
勇気付けられる毎日であります。
私のブログを拝見いただきありがとうございました。
moesato | URL | 2007/04/22/Sun 17:25 [EDIT]
感謝します
このブログの管理者です。コメントをありがとうございます。
これからも、応援をどうぞよろしくお願いいたします。
crape myrtle | URL | 2007/04/22/Sun 20:47 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。