スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方の博士たち
マタイ2:1
 
イエスが、ヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。

 彼らは、救い主にお会いするという恵みに浴せたのだが、我等も、やがてお出でになる王なる主に、お目にかかる恵みを得る為に、博士たちの心意気を学ぼう。

 1 期待する心 2 犠牲を払う心 3 礼拝する心があった。

《ちょっと一言》

 現代の人々は、人に負けたくないとか、あるいは、取り残されるという思いで、忙しくしている。イライラとストレスが溜まる。休みたいという本音と弱みを見せたら、置いてきぼりにされるという葛藤の中でもがいている。友よ、すべてを支配し最善をなして下さるやさしき主イエスが、こう言われている。「寂しい所に行って、しぱらく休みなさい」と。主を信頼して心を休めよう。 
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。