FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスヘの期待
ルカ2:36~38
また、アセル族のパヌエルの娘で女預言者のアンナという人がいた。この人は非常に年をとっていた。処女の時代の後七年間、夫とともに住み、その後やもめになり、八十四歳になっていた。そして宮を離れず、夜も昼も、断食と祈りをもって神に仕えていた。ちょうどこのとき、彼女もそこにいて、神に感謝をささげ、そして、エルサレムの贖いを待ち望んでいるすべての人々に、この幼子のことを語った。

 わたしたちは、日頃、救い主への関心より、ファッションとか食べ物のこととか、生活のこととかに、より深い関心を示しているように思う。しかし、アンナは、何よりもまさって、救い主を待ち望んでいた。だからこそ、救い主にお目にかかれる栄誉を得たのです。

《ちよっと一言》

 悲しみを味わった人こそ、悲しみを理解できる。そして、悲しんでいる人を慰めることができる。
 今、悲しんでいる人よ……。イエス様を見上げてください。なぜなら、イエス様は悲しみの人で、悩みを知れり……のお方ですから。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。