スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
導きのみ手に
使徒10:9~20
 その翌日、この人たちが旅を続けて、町の近くまで来たころ、ペテロは祈りをするために屋上に上った。昼の十二時ごろであった。すると彼は非常に空腹を覚え、食事をしたくなった。ところが、食事の用意がされている間に、彼はうっとりと夢ごこちになった。見ると、天が開けており、大きな敷布のような入れ物が、四隅をつるされて地上に降りて来た。その中には、地上のあらゆる種類の四つ足の動物や、はうもの、また、空の鳥などがいた。そして、彼に、「ペテロ。さあ、ほふって食べなさい」という声が聞こえた。しかしペテロは言った。「主よ。それはできません。私はまだ一度も、きよくない物や汚れたものを食べたことがありません。」すると、再び声があって、彼にこう言った。「神がきよめた物を、きよくないと言ってはならない。」こんなことが三回あって後、その入れ物はすぐ天に引き上げられた。
 ペテロが、いま見た幻はいったいどういうことだろう、と思い惑っていると、ちょうどそのとき、コルネリオから遣わされた人たちが、シモンの家をたずね当てて、その門口に立っていた。そして、声をかけて、ペテロと呼ばれるシモンという人がここに泊まっているだろうかと尋ねていた。ペテロが幻について思い巡らしているとき、御霊が彼にこう言われた。「見なさい。三人の人があなたをたずねて来ています。さあ、下に降りて行って、ためらわずに、彼らといっしょに行きなさい。彼らを遣わしたのはわたしです。」

 神様は、色々な手段を通して、我々にみ旨を教え、導こうとしています。ですから、我々は、自分の都合とか自分の気持ちとかを捨てて、神様のてだてを知る目とそれに従う意志が大切です。

《ちょっと一言》

 果物を食べたり、ご飯を食べたり、野菜を食べたりする時によく思うのは、このバナナや、リンゴや、ミカンや米が偶然にできたなんて思えない。
 人間にとって、こんなに美味しい食べ物がみじかにあるのは、偶然なんて思えない。
 すべての食べ物は、神様の愛の贈物としか考えられない。神様の物を造る動機は、常に愛であると私は知る。
 こんなことからも、神は愛と信じられる。 
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

平成18年産山形県最上郡鮭川村産夢ごこち 
生産量が少ないため、あまり知れ渡っていない夢ごこちですが、コシヒカリを超えるべく品種改良をして誕生した、もっちりとした食感の美味しいお米です。ベースとなったコシヒカリと比較しておよそ2%の低アミロース、そして低タンパク質な品種で特筆すべきはコシヒカリが持  [続きを読む]
米がすごくよかった 2007/08/27/Mon 10:55
Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。