スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その道は開ける
第一サムエル3:1~10

少年サムエルはエリの前で主に仕えていた。そのころ、主のことばはまれにしかなく、幻も示されなかった。
その日、エリは自分の所で寝ていた。―彼の目はかすんできて、見えなくなっていた―神のともしびは、まだ消えていず、サムエルは、神の箱の安置されている主の宮で寝ていた。そのとき、主はサムエルを呼ばれた。彼は、「はい。ここにおります」と言って、エリのところに走って行き、「はい。ここにおります。私をお呼びになったので」と言った。エリは、「私は呼ばない。帰って、おやすみ」と言った。それでサムエルは戻って、寝た。主はもう一度、サムエルを呼ばれた。サムエルは起きて、エリのところに行き、「はい。ここにおります。私をお呼びになったので」と言った。エリは、「私は呼ばない。わが子よ。帰って、おやすみ」と言った。サムエルはまだ、主を知らず、主のことばもまだ、彼に示されていなかった。主が三度目にサムエルを呼ばれたとき、サムエルは起きて、エリのところに行き、「はい。ここにおります。私をお呼びになったので」と言った。そこでエリは、主がこの少年を呼んでおられるということを悟った。それで、エリはサムエルに言った。「行って、おやすみ。今度呼ばれたら、『主よ。お話しください。しもべは聞いております』と申し上げなさい。」サムエルは行って、自分の所で寝た。
そのうちに主が来られ、そばに立って、これまでと同じように、「サムエル。サムエル」と呼ばれた。サムエルは、「お話しください。しもべは聞いております」と申し上げた。


私たちの歩むその中で、知恵があり、力があり、財産が豊かにあっても、どうにも動かせない大岩があります。その大岩のために、我々は悩むのです。その一つの悩みのために、他のことが満ち足りていても、心暗く、愁いに沈んで暮らしてしまう弱い者です。では、どうしたらその道は開かれるのでしょうか?人にはどうしようもないことだけに、全能の神の力によって開いていただくより道はありません。
ですから、祈ることです。せつに、長く祈ることです。神は、答えてくれました。二つ目は、清い手で生きるように努めることです。賄賂を取るのも、人を助けるのも手です。自分が少し損をする方をとる手になるように努めれば、神はその人を祝福して、生きがいを感じる人生へと導かれることでしょう。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。