FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何のための悩み
ヨハネ15:1~5

わたしはまことのぶどうの木であり、わたしの父は農夫です。わたしの枝で実を結ばないものはみな、父がそれを取り除き、実を結ぶものはみな、もっと多く実を結ぶために、刈り込みをなさいます。あなたがたは、わたしがあなたがたに話したことばによって、もうきよいのです。わたしにとどまりなさい。わたしも、あなたがたの中にとどまります。枝がぶどうの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことができません。同様にあなたがたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません。わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。


悩みによって人が学ぶこと
1)自己反省
2)謙遜になる
3)思いやりの深い人になる
神は私たちの益のため、痛い訓練を通される。苦しみは、自分のための修練の時である。

(ちょっと一言)
母の日に思い出す言葉は、「一億人に一億の母あれど、我が母にまさる母はなし」である。この年まで、ずいぶん世話をかけ、金を使わせ、気を使わせただろう。母の恩を感謝す。そして、この母を我が母として賜った神に深い感謝を表したい。「あなたの父と母を敬いなさい」(出エジプト20章)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。