FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私にあるもの
使徒3:1~8

ペテロとヨハネは午後三時の祈りの時間に宮に上って行った。すると,生まれつき足のなえた人が運ばれて来た。この男は、宮に入る人たちから施しを求めるために、毎日「美しの門」という名の宮の門に置いてもらっていた。彼は、ペテロとヨハネが宮に入ろうとするのを見て、施しを求めた。ペテロは、ヨハネとともに、その男を見つめて、「私たちを見なさい」と言った。男は何かもらえると思って、ふたりに目を注いだ。すると、ペテロは、「金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう。ナザレのイエス・キリストの名によって、歩きなさい」と言って、彼の右の手を取って立たせた。するとたちまち、彼の足とくるぶしが強くなり、おどり上がってまっすぐに立ち、歩きだした。そして歩いたり、はねたりしながら、神を賛美しつつ、ふたりといっしょに宮に入って行った。

この世の人は、万事金の世の中だと思っているが、キリスト者はこの考え方に騙されてはいけない。なぜなら、金の力で、人を真に生かすことはできないからだ。人を真に生かすことができるのは、人を創造された神の力でしかないと思う。ペテロはそのことを知っていたから、「金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう」と言ったのだと思う。

〈ちょっと一言)

ある人が、意見と反抗とは違うということを教えてくださった。
お互いの考えていることを話し合うことは意見だが、先に何も言わないでおいて、注意されてから後で言うのは反抗である、と。
だから、先に意見を出し合ってベストの道を考えてゆくことに話し合いの意義がある。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。