スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝利ある人生のスタイル
第一サムエル17:36~40

このしもべは、獅子でも、熊でも打ち殺しました。あの割礼を受けていないペリシテ人も、これらの獣の一匹のようになるでしょう。生ける神の陣をなぶったのですから。」ついで、ダビデは言った。「獅子や、熊の爪から私を救い出してくださった主は、あのペリシテ人の手からも私を救い出してくださいます。」サウルはダビデに言った。「行きなさい。主があなたとともにおられるように。」サウルはダビデに自分のよろいかぶとを着させた。頭には青銅のかぶとをかぶらせ、身にはよろいを着けさせた。ダビデは、そのよろいの上に、サウルの剣を帯び、思い切って歩いてみた。慣れていなかったからである。それから、ダビデはサウルに言った。「こんなものを着けては、歩くこともできません。慣れていないからです。」ダビデはそれを脱ぎ、自分の杖を手に取り、川から五つのなめらかな石を選んできて、それを羊飼いの使う袋、投石袋に入れ、石投げを手にして、あのペリシテ人に近づいた。

この世を生きるということは難しい戦いです。山あり谷ありです。それぞれの状況の中で、勝利してゆけるスタイルがあります。ここに登場しているダビデの生き方から学びたいと思います。人生の途上で、ゴリアテという困難と闘わなければなりません。ゴリアテは、イスラエルの兵士がみな、しり込みする大男でした。しかし、ダビデは、三つのスタイルで勝利しました。

(1)自分流。人のよろいを脱ぎ、羊飼いのスタイルで。

(2)自然流。武器は、川辺の石と自然の木(羊飼いの杖)を用いました。

(3)活ける神により頼む信仰流。万軍の主の御名により戦い、勝利しました。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。