FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はぶどうの木で、あなたがたはその枝です
ヨハネ15:1~9

わたしはまことのぶどうの木であり、わたしの父は農夫です。わたしの枝で実を結ばないものはみな、父がそれを取り除き、実を結ぶものはみな、もっと多く実を結ぶために、刈り込みをなさいます。あなたがたは、わたしがあなたがたに話したことばによって、もうきよいのです。わたしにとどまりなさい。わたしも、あなたがたの中にとどまります。枝がぶどうの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことができません。同様にあなたがたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません。わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。だれでも、もしわたしにとどまっていなければ、枝のように投げ捨てられて、枯れます。人々はそれを寄せ集めて火に投げ込むので、それは燃えてしまいます。あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたがたのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。あなたがたが多くの実を結び、わたしの弟子となることによって、わたしの父は栄光をお受けになるのです。父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛しました。わたしの愛の中にとどまりなさい。

このたとえ話は、十字架にかかる前の晩、つまり、最後の晩餐の席上で愛する弟子たちに語られたものですから、大変重要な内容が含まれていると思います。我々が、愛と喜びに満ちた人生を送るために、主イエスは、6度「わたしにとどまりなさい」と言われています。つまり、主イエスから離れてはいけないよということです。二つ目は、豊かに実を結ぶために、刈り込みをされるということです。刈り込みとは試練とか苦難を示しています。人は苦難を通して豊かに実を結ぶのです。三つ目は、神と私たちとの関係は、愛の関係であると教えています。神は、無条件にあなたを愛されています。愛に満ちたこの方と、いつまでもともに過ごしましょう!
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。