FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イエスの着物に触った女
マルコ5:25~34

ところで,十二年の間長血をわずらっている女がいた.この女は多くの医者からひどいめに会わされて、自分の持ち物をみな使い果たしてしまったが、何のかいもなく、かえって悪くなる一方であった。彼女は、イエスのことを耳にして、群衆の中に紛れ込み、うしろから、イエスの着物にさわった。「お着物にさわることでもできれば、きっと直る」と考えていたからである。すると、すぐに、血の源がかれて、ひどい痛みが直ったことを、からだに感じた。イエスも、すぐに、自分のうちから力が外に出て行ったことに気づいて、群衆の中を振り向いて、「だれがわたしの着物にさわったのですか」と言われた。そこで弟子たちはイエスに言った。「群衆があなたに押し迫っているのをご覧になっていて、それでも『だれがわたしにさわったのか』とおっしゃるのですか。」イエスは、それをした人を知ろうとして、見回しておられた。女は恐れおののき、自分の身に起こった事を知り、イエスの前に出てひれ伏し、イエスに真実を余すところなく打ち明けた。そこで、イエスは彼女にこう言われた。「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。安心して帰りなさい。病気にかからず、すこやかでいなさい。」

私たちの人生には、所々に自分の人生を変えてゆく転機というものがあります。この、12年の間長血を病む娘さんも、イエス・キリストによって救われ、喜びにあふれた生涯に変えられました。その転機となったのが、悩み苦しみを抱きながら、キリストに救いを求めたことです。
二つ目は、重荷を持つ者が、信仰を持ってキリストに触れたことです。
三つ目は、イエス・キリストへの信仰を告白することが大切です。
イエスに触れると、たちどころに、長年自分を苦しめていた病が治ったことを実感しました。イエス様によって救われたのなら、その事実を明らかにすることが大切です。この方こそ、確かに「活ける神の子キリストです」と。主イエスがこの人の生涯を祝福して導いてくださいます。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。