スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリヤ
ルカ1:26~38

ところで、その六か月目に、御使いガブリエルが、神から遣わされてガリラヤのナザレという町のひとりの処女のところに来た。この処女は、ダビデの家系のヨセフという人のいいなずけで、名をマリヤといった.御使いは、入って来ると、マリヤに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」 しかし、マリヤはこのことばに、ひどくとまどって、これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。すると御使いが言った。「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また、神である主は彼にその父ダヒデの王位をお与えになります。彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」そこで、マリヤは御使いに言った。「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」御使いは答えて言った。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。神にとって不可能なことは一つもありません。」マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」こうして御使いは彼女から去って行った。


クリスマスは、このマリヤの「イエス」から始まりました。マリヤの人生の中で最大の大きな決断の「はい」であったと思います。マリヤには、救い主の母として選ばれるだけの深い信仰がありました。その信仰を生涯持ち続けたことが、われらが学ぶ一つ目のことです。
二つ目は、マリヤは、神のことばに従順に従う謙遜な心を持っていたということです。「わたしは、主のはしためです。おことばどおりにこの身になりますように」と言っています。
三つ目は、マリヤは、自分の十字架を負い続けたことです。「あなたは、聖霊によって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい」との神のことばを受け入れることは、世間ではありえないことで、いいなずけのヨセフのあずかり知らないことですから、石打の死刑を覚悟しなければなりませんでした。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

はじめまして
初めてコメントさせていただきます。
父にこのブログを教えてもらい、楽しみにしながら見ていますw
応援しています。
ミカ | URL | 2008/12/16/Tue 16:13 [EDIT]
Re: はじめまして
ミカ様
コメントをありがとうございます。最近更新が遅くなっておりますが、できるだけ頑張って更新していきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
ブログ管理者 | URL | 2008/12/17/Wed 10:14 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。