FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すすんで灯りをともしましょう
マタイ5:14~16

あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れることができません。また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。


暗い暗いと不平を言うよりも、すすんで灯りをともしましょう。どんな灯りをともせばいいのでしょうか。

(1)平和を作り出してゆくという灯りです。

マタイ5:9

平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。

イライラがつのる世の中ですから、平和を作り出してゆく人が必要なのです。

(2)人に与えてゆくという灯りです。

使徒20:34~35

あなたがた自身が知っているとおり、この両手は、私の必要のためにも、私とともにいる人たちのためにも、働いて来ました。このように労苦して弱い者を助けなければならないこと、また、主イエスご自身が、『受けるよりも与えるほうが幸いである』と言われたみことばを思い出すべきことを、私は、万事につけ、あなたがたに示して来たのです。」

なぜ、与えるほうが幸いなのでしょうか。それは、天に宝を積むことになるからです。天の父なる神から、豊かな報いがあるから幸いなのです。与えるものは、物やお金だけではありません。親切な言葉、重い荷物を持ってあげる手、わからないことを教えてあげる知識、困っている人のために祈る祈りの膝。あなたのことを受け入れているよというほほえみ。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。