FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナオミの人生に学ぶ
ルツ1:1~5

さばきつかさが治めていたころ、この地にききんがあった。それで、ユダのベツレヘムの人が妻とふたりの息子を連れてモアブの野へ行き、そこに滞在することにした。その人の名はエリメレク。妻の名はナオミ。ふたりの息子の名はマフロンとキルヨン。彼らはユダのベツレヘムの出のエフラテ人であった。彼らがモアブの野へ行き、そこにとどまっているとき、ナオミの夫エリメレクは死に、彼女とふたりの息子があとに残された。ふたりの息子はモアブの女を妻に迎えた。ひとりの名はオルパで、もうひとりの名はルツであった。こうして、彼らは約十年の間、そこに住んでいた。しかし、マフロンとキルヨンのふたりもまた死んだ。こうしてナオミはふたりの子どもと夫に先立たれてしまった。

この世の生活は、苦しいこと、つらいことが多いです。ナオミの人生もそうでした。飢饉があり、やむなく異郷の地で暮らさねばなりませんでした。しかも、ご主人を亡くし、息子二人まで、続けて亡くすという辛酸をなめなければなりませんでした。このように苦しみが続く中でも、ナオミは、自分がいる所をできるだけ居心地良くするように努めています。それゆえに、嫁二人とは、とても仲の良い関係を築けています。二つ目は、小さな信仰の灯りであったかもしれませんが、ともかくも、主の守り、助けを待ち望んで生活したことです。その信仰生活が、苦しみの多い人生を支え、後に記されているような、くしき神のみわざを味わう経験につながったのです。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。