スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うなじのこわい民
詩篇106:13~39

しかし、彼らはすぐに、みわざを忘れ、
そのさとしを待ち望まなかった。
彼らは、荒野で激しい欲望にかられ、
荒れ地で神を試みた。
そこで、主は彼らにその願うところを与え、
また彼らに病を送ってやせ衰えさせた。

彼らが宿営でモーセをねたみ、
主の聖徒、アロンをねたんだとき、
地は開き、ダタンをのみこみ、
アビラムの仲間を包んでしまった。
その仲間の間で火が燃え上がり、炎が悪者どもを焼き尽くした。

彼らはホレブで子牛を造り、
鋳物の像を拝んだ。
こうして彼らは
彼らの栄光を、草を食らう雄牛の像に取り替えた。
彼らは自分たちの救い主である神を忘れた。
エジプトで大いなることをなさった方を。
ハムの地では奇しいわざを、
葦の海のほとりでは恐ろしいわざを、
行われた方を。
それゆえ、神は、
「彼らを滅ぼす」と言われた。
もし、神に選ばれた人モーセが、
滅ぼそうとする激しい憤りを避けるために、
御前の破れに立たなかったなら、
どうなっていたことか。

しかも彼らは麗しい地をさげすみ、
神のみことばを信ぜず、
自分たちの天幕でつぶやき、
主の御声を聞かなかった。
それゆえ、主は彼らにこう誓われた。
彼らを荒野で打ち倒し、
その子孫を国々の中に投げ散らし、
彼らをもろもろの地にまき散らそうと。

彼らはまた、バアル・ベオルにつき従い、
死者へのいけにえを食べた。
こうして、その行いによって御怒りを引き起こし、
彼らの間に神罰が下った。
そのとき、ピハネスが立ち、
なかだちのわざをしたので、その神罰はやんだ。
このことは、代々永遠に、
彼の義と認められた。

彼らはさらにメリバの水のほとりで主を怒らせた。
それで、モーセは彼らのために
わざわいをこうむった。
彼らが主の心に逆らったとき、
彼が軽率なことを口にしたからである。

彼らは、主が命じたのに、国々の民を滅ぼさず、
かえって、異邦の民と交わり、
そのならわしにならい、
その偶像に仕えた。
それが彼らに、わなであった。
彼らは自分たちの息子、娘を
悪霊のいけにえとしてささげ、
罪のない血を流した。
カナンの偶像のいけにえにした
彼らの息子、娘の血。
こうしてその国土は血で汚された。
このように彼らは、
その行いによっておのれを汚し、
その行いによって姦淫を犯した。


聖書を読むとき、人の話を聞くとき、上の空では、霊的な成長はできない。いつも我がこととして学びたい。
自分は強情な者だと認めていないと、主から、「いつもあなたがたは不信の民であった」と言われると、そんなことはないと反発を感じるのではないだろうか。
自己の真相を、もっと、もっと深く見つめる者でありたい。

(ちょっと一言)
―神の御前に価値あるもの―
第一ペテロ3:3~4

あなたがたは、髪を編んだり、金の飾りをつけたり、着物を着飾るような外面的なものでなく、むしろ、柔和で穏やかな霊という朽ちることのないものを持つ、心の中の隠れた人柄を飾りにしなさい。これこそ、神の御前に価値あるものです。


商品でも、外見はおいしそうに見えても、中身がまずかったら、受けるショックは大きい。人柄でも、外面的な美しさより、内面的な美しさ(柔和さ、敬虔さ)の方が貴重である。
内側を整えず、外側ばかりを着飾ると軽薄に見える。内にあるものが外ににじみ出ることを覚えて、心の中の隠れた人柄をきれいにしたいものですね。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。