スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
困ったとき、どうします?
ヨハネ2:1~11

それから三日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって、そこにイエスの母がいた。イエスも、また弟子たちも、その婚礼に招かれた。ぶどう酒がなくなったとき、母がイエスに向かって「ぶどう酒がありません」と言った。すると、イエスは母に言われた。「あなたはわたしと何の関係があるのでしょう。女の方。わたしの時はまだ来ていません。」母は手伝いの人たちに言った。「あの方が言われることを、何でもしてあげてください。」さて、そこには、ユダヤ人のきよめのしきたりによって、それぞれ八十リットルから百二十リットル入りの石の水がめが六つ置いてあった。イエスは彼らに言われた。「水がめに水を満たしなさい。」彼らは水がめを縁までいっぱいにした。イエスは彼らに言われた。「さあ、今くみなさい。そして宴会の世話役のところに持って行きなさい。」彼らは持って行った。宴会の世話役はぶどう酒になったその水を味わってみた。それがどこから来たのか、知らなかったので、―しかし,水をくんだ手伝いの者たちは知っていた―彼は花婿を呼んで、言った。「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、人々が十分飲んだころになると、悪いのを出すものだが、あなたは良いぶどう酒をよくも今まで取っておきました。」イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行い、ご自分の栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた。


私たちの生活の中で、困ること、うろたえてしまうような目にあうことがあります。そのような時、どうしますか?マリヤさんも婚礼の最中に、ぶどう酒がなくなるというような困ったことがおこりました。そのとき、マリヤさんは、どうしたでしょうか。

(1)祈りました。問題そのものを、「ぶどう酒がありません」と、主にお願いしました。祈ったら、次にすることは、(2)期待して待つことです。そうしたら、主が身を乗り出して、みわざをなしてくださいます。
ただ、主のなさり方は、人知をはるかに超えています。ぶどう酒を求めたのに、水を水がめ一杯に満たしなさい、と言われました。私たちの願う門は閉ざされたように思えますが、別の門が開かれていました。それが、幸いでした。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

今日は、
あんまり暑くないみたいですね。これくらいの天気ならすごしやすいのになぁ…。  [続きを読む]
ひとりごとにっき。 2009/05/14/Thu 13:43
Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。