スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖書の教える子育てのすすめ
エペソ6:4

父たちよ。あなたがたも、子どもをおこらせてはいけません。かえって、主の教育と訓戒によって育てなさい。

作物を育てる、花を育てるにしても、苦労と喜びが交差します。子育てに関しても、苦労と喜びが交差します。命をはぐぐむということは、一生ものだと思います。では、どのようにわが子の命を育んでゆけばいいのでしょうか。

(1)「主の教育と訓戒によって育てなさい。」聖書を人生という家の土台とすることです。「聖書は、こういっているよ。」アブラハム・リンカーンの母親がそうでした。

(2)目線を合わせるということです。

第一コリント9:20~22

ユダヤ人にはユダヤ人のようになりました。それはユダヤ人を獲得するためです。律法の下にある人々には、私自身は律法の下にはいませんが、律法の下にある者のようになりました。それは律法の下にある人々を獲得するためです。律法を持たない人々に対しては、―私は神の律法の外にある者ではなく、キリストの律法を守る者ですが―律法を持たない者のようになりました。それは律法を持たない人々を獲得するためです。弱い人々には、弱い者になりました。弱い人々を獲得するためです。すべての人に、すべてのものとなりました。それは、何とかして、幾人かでも救うためです。

何のために、そうするかというと、より良い関係を築くためです。目線を合わせると、同じ風景が見られて、喜びと悲しみを共有できるからです。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。