スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悩み多き人生の中で、どう生きる!?
第一サムエル30:1~6

ダビデとその部下が、三日目にツィケラグに帰ってみると、アマレク人がネゲブとツィケラグを襲ったあとだった。彼らはツィケラグを攻撃して、これを火で焼き払い、そこにいた女たちを、子どももおとなもみな、とりこにし、ひとりも殺さず、自分たちの所に連れて去った。ダビデとその部下が、この町に着いたとき、町は火で焼かれており、彼らの妻も、息子も、娘たちも連れ去られていた。ダビデも、彼といっしょにいた者たちも、声をあげて泣き、ついには泣く力もなくなった。ダビデのふたりの妻、イズレエル人アヒノアムも、ナバルの妻であったカルメル人アビガイルも連れ去られていた。ダビデは非常に悩んだ。民がみな、自分たちの息子、娘たちのことで心を悩まし、ダビデを石で打ち殺そうと言いだしたからである。しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った。

ダビデの人生に、思いがけない出来事が起こりました。その出来事のゆえに、ダビデは非常に悩んだと記されています。今まで苦楽を共にしてきた仲間たちから、「お前のせいでこうなったんだ」と詰め寄られて、命の危険を感じていたからです。この悩みの中で、ダビデはどうしたのでしょうか。

(1)「神によって、奮い立った。」 つまり、みことばと祈りによって、この苦境を乗り越えることができました。

(2)主から賜ったものを、分かち合いました。ダビデの人生観は、「主が私たちに賜ったもの」、それを互いに分かち合うことを心がけていました。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。