スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せを求めた男
ルカ19:1~10

それからイエスは、エリコに入って、町をお通りになった。ここには、ザアカイという人がいたが、彼は取税人のかしらで、金持ちであった。彼は、イエスがどんな方か見ようとしたが、背が低かったので、群衆のために見ることができなかった。それで、イエスを見るために、前方に走り出て、いちじく桑の木に登った。ちょうどイエスがそこを通り過ぎようとしておられたからである。イエスは、ちょうどそこに来られて、上を見上げて彼に言われた。「ザアカイ。急いで降りて来なさい。きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから。」ザアカイは、急いで降りて来て、そして大喜びでイエスを迎えた。これを見て、みなは、「あの方は罪人のところに行って客となられた」と言ってつぶやいた。ところがザアカイは立って、主に言った。「主よ。ご覧ください。私の財産の半分を貧しい人たちに施します。また、だれからでも、私がだまし取った物は、四倍にして返します。」イエスは、彼に言われた。「きょう、救いがこの家に来ました。この人もアブラハムの子なのですから。人の子は,失われた人を捜して救うために来たのです。」

人は、幸せを求めて生きています。ザアカイは、その幸せの土台を、お金に置きました。求めていたお金は使い切れないぐらいたまりましたが、心から願っていた幸せは得られませんでした。反対に、皆からあくどいやつと嫌われ、本当の友達も一人もいませんでした。そのザアカイに声をかけ、「今日あなたの家に泊めてもらえないか」と主イエスは、語られたのです。
人は、この優しさに心動かされ、生活が変わってゆくのだと思います。ザアカイは、イエス・キリストと出会い、求めていた真の幸せをつかむことができました。あなたの造り主なる神は、あなたの名を呼んで、「私と共に、歩もうじゃあないか」と慈愛の目を向けてくださっておられます。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。