スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イエスを仰ぎ見るべし
ヘブル12:2

信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。


私たちの罪深い行為は、全て心の表れであります。もし、私たちが本当にきよい生活をし、思いやり深い人になりたいという渇きがあるなら、きよい生涯、愛の生涯を全うされたキリストを常に、心の目で見つめておくことだと思います。そのときに、聖霊の働きによって、栄光から栄光へと、キリストの形まで変えられてゆきます。

〈ちょっと一言〉

心が怠け者の人は、伸びない。いつも楽な方へ流れてゆくからである。反対に、心が注意深い人は、成長して立派な働きをする人になれる。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。