FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたの生きてゆく力はどこからくるの?
第二列王記6:1~7

預言者のともがらがエリシャに、「ご覧のとおり、私たちがあなたといっしょに住んでいるこの場所は狭くなりましたので、ヨルダン川に行きましょう。そこからめいめい一本ずつ材木を切り出して、そこに、私たちの住む所を作りましょう」と言うと、エリシャは、「行きなさい」と言った。すると、そのひとりが、「あなたもどうか、思い切ってしもべたちといっしょに行ってください」と言ったので、エリシャは、「では、私も行こう」と言って、彼らといっしょに出かけた。彼らは、ヨルダン川に着くと、木を切り倒した。1人が材木を倒しているとき、斧の頭を水の中に落としてしまった。彼は叫んで言った。「ああ、わが主。あれは借り物です。」神の人は言った。「どこに落としたのか。」彼がその場所を示すと、エリシャは一本の枝を切って、そこに投げ込み、斧の頭を浮かばせた。彼が、「それを拾い上げなさい」と言ったので、その人は手を伸ばして、それを取り上げた。


人には、様々な人生設計があると思います。自分たちの住んでいる場所が狭くなってきたので、もっと大きいものを建てようという人生設計です。借りてきた斧で、木を切り倒していたとき、斧の頭が川の中に落ちてしまったというハプニングです。斧の頭は、生きる力を象徴しています。失った斧の頭を一本の枝によって取り戻しました。この枝は、キリストの十字架の御姿を象徴しています。場所が狭くなったというのは、生きづらく感じている人の心を表しています。赦せない、愛せない、と息苦しく感じるとき、主が私を赦してくださったのだから、私も赦します、愛します、と不思議に心穏やかになってきます。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。