スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このように生きてゆこうではないか!
ピリピ3:12~14

12私は、すでに得たのでもなく、すでに完全にされているのでもありません。ただ捕らえようとして、追求しているのです。そして、それを得るようにとキリスト・イエスが私を捕らえてくださったのです。13兄弟たちよ。私は、自分はすでに捕らえたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、14キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。

人生を、マラソンにたとえて、「このように生きてゆこうではないか」と聖書は勧めています。

(1)天国というゴールめざして、生きてゆこうではないか。(ピリピ3:14)

(2)最後まで、耐え忍んで走りぬこうではないかと勧めています。過去の信仰者たちがそうでした。最後まで、辛抱して走りぬくためには、どうしたらよいのかを、ヘブル12:1~3で教えてくれています。

ヘブル12:1~3

こういうわけで、このように多くの証人たちが、雲のように私たちを取り巻いているのですから、私たちも、いっさいの重荷とまつわりつく罪とを捨てて、私たちの前に置かれている競走を忍耐をもって走り続けようではありませんか。信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。あなたがたは、罪人たちのこのような反抗を忍ばれた方のことを考えなさい。それは、あなたがたの心が元気を失い、疲れ果ててしまわないためです。

(3)自分のペースで走りぬいてゆこうではないかと勧めています。神は、預言者ダニエルに向かって、あなたは、あなたらしく生きなさい、と勧めています。人と比べないで、自分らしく生き抜いていきましょう。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。