スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生のお手本
第一サムエル2:26

一方、少年サムエルはますます成長し、主にも、人にも愛された。

人には、良きお手本が必要です。あの人のように自分も生きてゆきたい、というようなお手本が必要だと思います。ここに登場するサムエルも、私たちの良きお手本になると思います。なぜなら、彼は、神にも人にも愛されたと記されているからです。神にも人にも愛される人柄は、どのようにして培われてきたのでしょうか。

(1)「祈りの膝を持っていた」からだと思います。

第一サムエル7:9

サムエルは乳離れしていない子羊一頭を取り、焼き尽くす全焼のいけにえとして主にささげた。サムエルはイスラエルのために主に叫んだ。それで主は彼に答えられた。

(2)「清い手を持っていた」からだと思います。

第一サムエル12:2~4

今、見なさい。王はあなたがたの先に立って歩んでいる。この私は年をとり、髪も白くなった。それに私の息子たちは、あなたがたとともにいるようになった。私は若い時から今日まで、あなたがたの先に立って歩んだ。さあ、今、主の前、油そそがれた者の前で、私を訴えなさい。私はだれかの牛を取っただろうか。だれかのろばを取っただろうか。だれかを苦しめ、だれかを迫害しただろうか。だれかの手からわいろを取って自分の目をくらましただろうか。もしそうなら、私はあなたがたにお返しする。」彼らは言った。「あなたは私たちを苦しめたことも、迫害したことも、人の手から何かを取ったこともありません。」

(3)「遠くを見る目を持っていた」からだと思います。

第一サムエル19:20

そこでサウルはダビデを捕らえようと使者たちを遣わした。彼らは、預言者の一団が予言しており、サムエルがその監督をする者として立っているのを見た。そのとき、神の霊がサウルの使者たちに臨み、彼らもまた、預言した。

将来を見据えて、預言者を育成していました。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 人生と聖書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。